酒販業者専門・少予算収益増大実践塾 【酒販ビジネス実践会】

酒販ビジネス実践会とはコンサルティング内容セミナーのご案内会員店エリア制度増田健治プロフィール会員店の声・事例無料メールマガジン登録
   TOP > 15周年記念感謝セミナー「イベント大盛況!需要低迷…なぜ?その元凶を徹底検証する!」

全国各地で 様々な酒類のイベントが 開催されています。
日本酒やワイン、その他の酒類…そのどれも が大盛況。

開会前の受付には長蛇の列。
会が始まるや否や会場は 熱気の渦 !

イベント終了後には参加客は円満の笑顔で会場を後にします。

「いや〜楽しかった!」
「美味しかった」
「 来年も、また来るよ 〜」


主催者側はこれらの声を聞いて、業界全体が盛り上がっているように思えてなりません 。

しかし、







ある地方の酒販店が恒例の地酒を楽しむ会を開催しました。
毎年100名ほどの参加があり、近くのイベント会場を借りて開催。
蔵元も4〜5社が参加する大々的なイベントです。

私もこのイベントには、お客としてたまに参加するんですが、参加客はいつも 同じ顔ぶれ。
だから顔見知りの既存客だけでイベントを盛り上げ、「楽しかった よ !」「最高だった!」と
まるで
”井の中の蛙”状態。

だからイベ ントは最大に盛り上がるけど売上は伸びず、生産量消費量ともに減少という、
世にも不思議な怪奇現象が起きているのです。







先日、ある地酒専門店の社長から悩み相談がありました。

現在、後継者である息子さんは、大手酒類総合メーカーに勤務しているそうです。
いずれ店に戻って後を継ぐそうなんですが、悩みはそこでした。

「今後、この厳しい酒屋の後継者として後を継ぐのが、はたして息子や自分たちにとって最善策なのかどうか?」という悩みでした。


「店に戻らず、このままメーカーに 勤務していた方が、息子にとってより安定した生活が送れるのではないか?今はなんとかやっているけど 、この状態が永久に続くとは限らない。いずれ大変革と淘汰の時代がやってくるのではないか?だったらこのままメーカーに勤務し、そこから安定した給与をもらう生活の方がいいのではないか?」


なるほど、現実的な相談です。

もしあなたにも共通の悩みがあるとしたら、今度のセミナーは、その打開策と解決策のヒントが見出せる絶好のチャンスになります。



じつはこのような相談や悩み事は非常に多いんです。
私もこれまでに似たような相談を数多く受けたことがあります。

子供たちには店に戻らずに外で働いてもらい、店は年老いた老夫婦が何とか食べていける程度の売上でいい。
実際にこのような状態で細々と酒屋商売をやっている店も実在します。

店主が高齢なので配達はしない。あくまで店売りと自販機の売上だけで夫婦がなんとか細々と 暮らしていける程度の店。
わが家の近所にもあります。

もちろん、どのような選択をするかはご本人次第でしょうが、せっかく代々続いた酒屋を、このような形で先細りさせてしまうのは、じつにもったいない話です。

できることなら、息子に継がせたい! 親から譲り受けたこの酒屋を子供、孫の代まで継続してもらいたい!と願うのがホンネではないでしょうか。







あなたはご自分の酒屋経営(蔵元経営)において、将来的な不安要因はあるでしょうか?
あるとすれば、おそらく以下のような要因ではないでしょうか。

◆大型店の商圏参入 による売上減少
◆同業態店の商圏参入による売上減少
◆SNSにおける販売促進効果の低下
◆ネット環境の変化による売上不振
◆顧客の流出と高齢化による売上減少
◆主力銘柄 の人気の陰りによる売上減少
◆飲酒人口の減少による酒売り場の淘汰

まだまた他にもあるかもしれませんが、このようなことがすでに私たちの周りで起きているのです。

そう、





このように、私たちは経営における危機的な要因と常に背中合わせの状態の中で、酒屋ビジネスに取り組んでいることになります。

しかし、先行きに明るい陽射しが見えてきたとしたら?

…そこに次のステップに乗るための土台が見えてきます。


そうやって危機を乗り越えた酒屋や蔵元が少なからず実在します。
今回のセミナーは、その事例も取り上げて公開します。








今度のセミナーで公開する内容のほんの1部を紹介すると?・・・


有名人気銘柄で商品武装したのはいいけど、数年後に倒産!なぜ?
こだわりの酒とこだわりの食品だけの品揃え、やがて資金ショート後に廃業。なぜ?
利き酒師、ワインアドバイザーの資格を全社員に取得後、業績悪化。なぜ?
広範囲に広告を巻いた結果、コストがかさみ収益が悪化!なぜ?
年に十数回の酒の会や試飲会を継続しているのに赤字続き。なぜ?
商品知 識を習得し、利き酒能力も磨いているけど、売上げ上がらず。なぜ?
見込み客向けのDM1,000通出しても反応なし!なぜ?
飲食店向けのDM1,000通出しても反応なし!なぜ?
新聞折込に広告出すも反応なし!なぜ?
80万円のコストをかけたホームページ、しかし、注文はゼロ!なぜ?
顧客名簿には数千人の顧客の数が…しかし、業績は悪化。なぜ?
酒屋の全社員が 大手 自己啓発セミナーを受講!数年後に倒産…なぜ?
酒屋や蔵元がSNSで自社の酒を全面にアピール、しかし売上げは上がらず…なぜ?
メディアに商品が出演!最初は注文殺到も、その後は閑古鳥!なぜ?





今回は、
酒販ビジネス実践会15年記念の特別感謝セミナーということで、特別価格でご案内させていただきます。

通常、酒販ビジネス実践会のセミナーは4時間で6,000円をいただいておりますが、今回は15年特別感謝セミナーということで、受講費はおひとり様、 なんとジャスト




税込み1,100円で受講できます!





11月30日までにお申し込みの方に限らせていただきます。
それ以降の申し込みにつきましては、定価の6,000円となりますのでご注意ください。

15年間の感謝の気持ちを込めて、皆様に還元する価格に設定しました。







酒屋(蔵元)経営の将来に明るい陽射しが見えてくる

差別化商品に頼る必要がなくなる!

コスト意識が高まり、収益が改善される

従業員やスタッフのやる気が湧いてくる!

顧客の流出がおきてもビクともしない!

近隣に同業態店ができてもビクともしない!

後継者に不安なく堂々とバトンタッチができる!

永久に代々、街の酒屋として生き残ることが可能になる!

不安要因が払拭されるため、酒屋商売が楽しくなる!










と思ってこのセミナーを受講してみませんか?

今回、セミナー受講料は15周年記念ということで、感謝の気持ちを込めて皆様に
還元する形で¥1,100(税込)に設定しております!


こんな機会はめったにありません!

ぜひ、この機会に新しい次世代酒屋のノウハウを学んでみませんか?





酒販ビジネス実践会15周年感謝還元セミナー≫





東京会場:江東区産業会館
http://www.koto-sangyokaikan.jp/custom.html

令和2年1月15日(水) 13:00〜17:00

※限定50名様 ★満席!受付終了となりました



福岡会場:都久志会館
https://tsukushi-kaikan.jp/access/

令和2年1月21日(火) 13:00〜17:00

※限定40名様



神戸会場:兵庫県民会館
http://hyogo-arts.or.jp/arts/kenminmap.htm

令和2年1月22日(水) 13:00〜17:00

※限定40名様




各会場とも満席になり次第、閉め切らせていただきます。


今回は受講費を安く抑えてますので各会場とも 早期満席になることが予想されます。

お申込みはお早目に!!



▼お申し込みはこちらから!!▼

「イベント大盛況!需要低迷…なぜ?その元凶を徹底検証する!」お申込みフォーム
*希望会場


*店舗名


*代表者名


*参加人数


*郵便番号


*ご住所

(例:福岡県福岡市南区警弥郷1丁目25-5)

*お電話番号

(例:092-592-2170)

*メールアドレス

(例:info@syuhan-business.com)




*印は、必須入力事項です)